某に失望した母

そういえば、親が、元知り合いを完全に嫌いになってしまったとの事でした。
というのが、その人、ナンパ師に騙されて、好きに遊んでいるのですが、騙されるというよりは、暇でする事がないので、遊びに行ってしまったという程度にしか、見えないのですね。
尻がる女と、ナンパ師に引っ掛かる人間というのも、母親から見ると、相手にしたくはない、
ただ見ていると、結末は想像はつくけれど、一応見ておこうという感じのようでした。

私としては、半分どうでもいいのですが、一体末路はどうなるのかという事は気にはなっています。
まあ余り良い結果ではないと思いますけれど、旦那と別れてまで、ナンパ師と遊びたいのか、本気でナンパ師を信じているのか、両方入っているような感じもありますけれど、一つには、
その人、芸術家だと思っている部分があるようなのでした。
まあ、余り言ってもあれですが、母親の文章能力と同レベルと言ってしまうと、それまでなのですが、おだてられると、あそこまでのぼせ上り、プライドだけがついてしまうのだなと、我が
身を振り返りながら、危惧していました。