退化した大河ドラマ

歴史が好きなので、ある時点まではNHKの大河ドラマをよく観ていました。
しかし、平成に入ってからの特定の対象への偏重志向は大いに疑問に思います。
まず、戦国時代が主流であること。創業のドラマが好きなのは洋の東西を問わないことですが、最近の流れを見ても異常と思えるぐらいに偏っています。
演出が過剰であること。歴史的事実を鑑みない、御都合主義のホームドラマのような作風が続き過ぎるということに立腹します。

フィクションの要素が歴史的事実を歪曲する行為は、もはや歴史ドラマではないでしょう。架空の物語として世に発表すべきです。
最後に一番腹が立つのは特定の人物の登場が多過ぎるということです。
いくら我が国最大級の出世を遂げた人物とはいえ、数年おきに彼が主人公か、あるいは彼の物語の亜流が続き過ぎたことは、視聴率の安定化という大方針の産物だとしても個人的には容認できません。

その他の作品でも、この風潮の延長上に過ぎないでしょう。
三好長慶・北条早雲・足利義満など、積極的に歴史上で紹介されなかった梟雄とも言える、個性溢れる人物を取り上げるのも一興でしょうが、リスクが大き過ぎるのかもしれませんね。
私個人の最大の提案は、故人となった国民的大漫画家の、晩年の大作こそ大河ドラマにふさわしい作品だと思うのですが。

これも国際的な大がかりなロケが必要となるでしょうから、無理でしょうけれど。